川端康成,1947,『雪国』新潮社

読了.素晴らしかった.面白かった.とは言え,読み切れていない部分も多くて,また読まなければならない.抜く部分を抜きに抜いている感じがあって,そこが読み切れない.読書会をしたい.