今敏監督 2003『東京ゴッドファーザーズ』(出演:江守徹 / 梅垣義明 / 岡本綾ほか、音楽:鈴木慶一、日本、カラー)

をDVDで観た。素晴らしかった!オープニングからオフビートな笑いを誘う脚本、東京ラヴァーにはたまらない背景の書き込み、表情から歩き方に至るまでクオリティの高いアニメーションに、何と言っても素晴らしすぎたのは声優であった!アニメーションとアフレコのこれほど幸福な結婚はほかに知らない。江守徹が声優としてよいというのも多少驚いたものの、岡本綾がほとんどそれを凌ぐくらいの非常に優れた仕事をしている(江守徹を凌ぐなんて!声優を本業にしてもいいのではないか。比類なき素晴らしさ!)。振り返ってみるとプロットが本当によく考え抜かれている。細かいエピソードがいくつも盛り込まれているものの要領よくまとめられているし、そのエピソードの一つ一つが「これが東京だ!」と思わせるもので、よい(特にホームレス狩りを出すバランス感覚のよさには感心した)。ほかにも絵にしても音にしてもストーリーにしてもディテールが本当に素晴らしくて、何てよい作品なのだろうと思わせる。どうにもこうにも。気に入りました!