2008-04-11から1日間の記事一覧

船曳建夫,2005,『大学のエスノグラフィティ』有斐閣

読了.なんだか少し安心する,良い本だった.とは言え,真摯に,実存をかけて書かれているような側面もあり,容易ならざる部分もあり,安心させられるばかりでもなく,しかしそういうところに限ってさらっと書いてあったりもする.

ゴッデスバップス1999